ご案内

白崎八幡宮のご祭神のご案内。

主祭神

【應神天皇】(おうじんてんのう)

第15代天皇(在位:應神天皇元年〈270年〉〜應神天皇41年〈310年〉)諡号(主に帝王・相国などの貴人の死後に奉る、生前の事績への評価に基づく名のこと)を誉田別尊(ほむだわけのみこと)という。父は仲哀天皇、母は神功皇后。皇后は品陀真若王(ほんだまわかのおう)の娘中姫命(なかつひめのみこと)。應神天皇の時代には、朝鮮半島を通じて様々な技術集団が渡来、農地改良・太刀・論語・縫製・馬などをもたらし、技術改革や文化振興が行われた。130歳で没したとも云われている。

ご神徳家内安全・家運隆昌・成功勝利・武運長久・交通安全・病気平癒・身体健康・諸願成就

【仲哀天皇】(ちゅうあいてんのう)

第14代天皇(在位:仲哀天皇元年〈192年〉〜仲哀天皇9年〈200年〉)諡号を足仲彦天皇(たらしなかつひこのすめらみこと)という。父は日本武尊(やまとたけるのみこと) 、母は垂仁天皇(すいにんてんのう)の娘両道入姫命(ふたじいりひめのみこと)。成務天皇(第13代天皇)48年〈178年〉に立太子し、同天皇崩御に伴い即位した。「日本書紀」によれば52歳で没したと云われている。

ご神徳家内安全・家運隆昌・交通安全・心願成就

【神功皇后】(じんぐうこうごう)

諡号を気長足姫〈息長帯比売〉(おきながたらしひめ)という。父は開化天皇(かいかてんのう)玄孫・息長宿禰王(おきながすくねのみこと)、母は葛城高顙媛(かずらきのたかぬかひめ)。仲哀天皇の妻であり、應神天皇の母でもある。仲哀天皇の死後、住吉大神のご神詫により、お腹に子どもを身籠ったまま海を渡り、新羅(しらぎ)に出陣、凱旋(がいせん)の後、筑紫の地で應神天皇を出産したと云われている。

ご神徳安産・子授け・子育て・武運長久・開運・招福・災難除け・方位除け

配祀神

【武内宿禰命】(たけのうちのすくねのみこと)

第12代景行天皇、第13代成務天皇、第14代仲哀天皇、第15代應神天皇、第16代仁徳天皇の5代もの天皇の時期に棟梁之臣や大臣として仕え、国政を補佐したとされている。神功皇后の新羅出陣を決定づけ、忍熊皇子らの反乱鎮圧にも功を立てた。没した年齢については280歳とも360歳とも云われている。

ご神徳延命長寿・武運長久・政治安泰・財運隆昌・立身出世

【埴安姫命】(はにやすひめのみこと)

日本神話に登場する「土の神さま」。「埴(ハニ)」とは粘土のことで、「埴安(ハニヤス)」は土を練って柔らかくすることの意味であるとされる。

ご神徳農業繁栄・土木工事安全・陶器産業繁栄

【事代主命】(ことしろぬしのみこと)

日本神話に登場する神さま。別名を「八重言代主神」「八重事代主神」という。「事代(コトシロ)」は「言知る」の意味で、託宣を司る神さまとされている。

ご神徳海上安全・漁業守護・豊漁円満

【素盞嗚尊】(すさのおのみこと)

日本神話に登場する神さま。別名を「建速須佐之男命」という。出雲の鳥髪山へ行った建速須佐之男命が、その地を荒らしていた八岐大蛇(ヤマタノオロチ)に食われることになっていた櫛名田比売(クシナダヒメ)を歯の多い櫛に変えて髪に挿し、八岐大蛇を退治する話は有名である。

ご神徳除災招福・開運厄除・国土安泰・国家安泰

【菅原道真公】(すがわらみちざねこう)

平安時代の貴族、学者。漢詩人、政治家。宇多天皇の時代に寛平の治を支えた一人。醍醐天皇の時代には右大臣にまで昇進した。しかしながら、藤原時平に謀られ大宰府へ左遷されて現地で没した。死後、天変地異が多発したことから、「祟り封じの天神さま」として信仰の対象となった。やがて災害の記憶が風化するに従い、道真が生前学問に長けていたことから、学問の神として信仰されるようになったと云われている。

ご神徳学業成就、合格成就、災難除け、立身出世、和歌上達

【五男神】(いつはしらのひこがみ)

天照皇大神と素盞嗚尊が天の八洲川原における誓約を交わした際、天照皇大神の勾玉よりお生まれになった五人の男の神さま。稲穂の神・農業の神として信仰されている『天忍穂耳尊(あめのおしほみみのみこと)』、農業の神・稲穂の神・養蚕の神・木綿の神・産業の神として信仰される『天穂日尊(あめのほひのみこと)』、日の神・海の神・風の神として信仰されている『天津彦根尊(あまつひこねのみこと)』のほか、『活津彦根尊(いくつひこねのみこと)』、『熊津樟日尊(くまつくすびのみこと)』がおられる。

ご神徳

【大山祗神】(おおやまつみのかみ)

日本神話に登場する神さま。別名を「和多志大神」「酒解神」ともいう。「ツ」は「の」、「ミ」は「神霊」のことで、「大いなる山の神」という意味であるとされる。別名の和多志大神の「ワタ」は「海」の古語で、海の神を表している。また、息子の誕生を喜んだ大山祗が酒を造り神々に奉げたことから、酒造の神ともされている。

ご神徳武運長久・林業安全・国土緑化

【金山彦命】(かなやまひこのみこと)

日本神話に登場する神さま。神名の通り「金山」(鉱山)を司る鉱山の神さまとして信仰されている。また、荒金を採る神さまとされ、鉱業・鍛冶など、金属に関する技工を守護する神様ともされている。

ご神徳鉱山守護・金属系土木工事安全

【少童神】(わたつみのかみ)

日本神話に登場する神さま。綿津見神と書かれることもある。「ワタ」は「海」の古語、「ツ」は「の」、「ミ」は「神霊」のことで、「ワタツミ」は「海の神霊」という意味であるとされる。伊邪那岐が黄泉から戻り禊をした際、底津綿津見神(ソコツワタツミノカミ)、中津綿津見神(ナカツワタツミノカミ)、上津綿津見神(ウワツワタツミノカミ)の三神が生まれ、この三神を総称して「ワタツミノカミ」と呼んでいる。

ご神徳漁業繁栄・航海安全・海上運輸安全

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜