祈願

出張祭典とは?

出張祭典

出張祭典とは実地・現地に赴き祭典をご奉仕する祭祀の総称です。白崎八幡宮がご奉仕しております出張祭典には以下のような神事があります。
■地鎮祭:建築や土木工事に着手する前(基礎工事で動土する前)に、その土地の神を鎮め、土地を利用させてもらうことの許しを得て、工事が無事に済むことを祈るお祭りです。世帯主(施主)、大工(建築業者)、家族親戚などが一同に集まり、土地の四隅に笹竹を立て、その間を注連縄で囲って祭場とし、中心には祭壇を設け、中央に神籬(ひもろぎ=大きな榊の枝)を立て、米・酒・乾物・野菜・果物・塩・水等の供え物を供えて神さまに御降臨願い、神職は祝詞を奏上し、施主施工主は鍬入れや鋤突きなどで土地を鎮めます。
■起工式:地鎮祭に順じますが、大きな工事(公共施設・デパート・銀行・ホテル・マンション等の建築)の際に「起工式」という言い方をすることが多いようです。
■家祓:工事が終了し、目出度く完成・竣工を迎えたときに行うのが家祓です。家堅(やがため)の儀ともいいます。これから新居で生活を始めるにあたり、家屋敷の守り神として神札をお祀りして御家族をお守りいただき、日々平安に過ごせますよう祈願をします。新築の家屋へご入居の場合以外にも、マンションを購入された場合や中古住宅を購入した時、また借家に入居する場合などにも行います。基本的には、生活を始める前(引越し・荷入れをする前)に神事を行います。
■除金神:古い家を解いたり、古い井戸や池を埋めたり、風呂・台所・トイレ等の造作普請、部屋の建て増し、藏や納屋の取り壊しなど、改築・改装をする際、工事に着手する前に金神様(祟りを起こすとされている悪神・方位をふさぐ悪神)を鎮め、工事が無事に済むことを祈るお祭りです。家主(施主)とその家族が参列し、米・酒・塩・水等の供え物を供えて神さまに御降臨願い、神職が祝詞を奏上し、家の内外一切を祓い清めます。
■会社団体新年祈願祭:会社や団体の代表をはじめ、社員・従業員が一同に集まり、その年一年の会社全体の安全と社運隆昌、そして社員・従業員一同及びその家族が健康で日々平安に息災に過ごせるよう、神棚の前、或いは祭壇の前で神事を行います。 

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜