祈願

神前結婚式とは?"/

神前結婚式

神前結婚式は、祖先から連綿と培ってきた日本人の心のカタチです。大自然の中で生き、自然の中におられる神々(祖霊神)に常に感謝し、祈りをささげてきた人々の生活の中から生まれたものです。一家を整え、夫婦和合を乞い願い、夫婦の契りを結び固める結婚が、神々のお計らい、神々のお恵みであるという考え方は、祖先から受け継がれてきた素朴な信仰であり、そもそも結婚とは「結魂」であり男女の魂が結びつくことそのものが語源でもあります。その起源は古く「古事記」や「日本書紀」に書かれた、神話の中に見ることができます。造化三神と云われる神格の高い神さまの名前には、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)・神産巣日神(かみむすびのかみ)という男女の「むすびつき」を尊重示唆する二神が見られますし、伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)は地上に降りられた際、宮殿を建て、聖なる柱をまわり巡って、結婚の儀を執り行われたとされています。また、八岐大蛇を退治したことで有名な素盞嗚尊(すさのおのみこと)が大蛇から救った櫛名田比売(くしなだひめ)を娶り、出雲に新居を建てて住まわれたという話、邇邇芸命(ににぎのみこと)と木花佐久夜毘売(このはなさくやひめ)との結婚や火遠理命(ほおりのみこと)と豊玉毘売(とよたまひめ)との結婚では産屋を建てられたという話など、祖先の結婚儀礼をうかがい知ることができます。平安時代には、結婚の儀式は宮廷・貴族の間で執り行われましたが、公家・大名をはじめ、武士・町人・庶民に至るまで広く一般に普及したのは室町時代です。その儀式は神々を祀る空間、床の間のある座敷で、神名を記した掛け軸の前に品々を供え、神酒で盃を交わすというものでした。時は過ぎ、明治33年、当時皇太子であられた大正天皇と貞明皇后の宮中賢所御神前でのご婚儀が契機となり、民間でも神社の神前において執り行われる「神前結婚式」が生まれました。それから現在に至るまで、わずか100年余りの間に神前結婚式は著しい普及を見ました。これはまさに、日本古来の神祭りの心が脈々と受け継がれ、生き続けてきたからと言えるでしょう。私たちにとって結婚は、人生最大の節目です。人と人を結ぶ神々のむすびの働きによって、結婚は子孫繁栄、家庭の繁栄、そして地域社会のひいては國の発展に繋がっています。結婚や披露宴をはじめとする婚礼に関する数々のしきたりは、私たちが地域社会に参加するための大切な儀式であり、そこには祖先より受け継がれてきた習慣が、今なお行き続けているのです。

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜