参拝

参拝のてびき。

参拝の作法

【まず最初に】

◇入り口の鳥居のところで衣服を整え、一揖(いちゆう※頭を下げること)して、心を引き締め、境内に入りましょう。

◇手水舎にて手水の励行をし、心身の浄化をいたしましょう。

【手水の作法】

1.右手で柄杓(ひしゃく)を取ります。

2.水を汲み上げ、左手にかけて洗います。

3.柄杓を左手に持ち替え、水を汲み上げて右手を洗います。

4.再度柄杓を右手に持ち替え、左の手のひらに水を溜めます。

5.手のひらの水で口をすすぎます。柄杓に直接口をつけないよう注意しましょう。

6.すすぎ終わってから、左手をもう一度流します。

7.最後に柄杓を立てて、残っている水を流しながら、柄の部分を洗い、伏せて元の位置に戻します。

ご神前にて鈴を鳴らし、真心を込めて参拝いたしましょう。

【拝礼の作法】

1.先ず浅く拝礼して鈴の緒を大きく振り、お賽銭を奉納します。

2.背中を90度に折り、二度礼(拝)をします。

3.胸の高さで両手を合わせて右指先を少し下にずらし、肩幅程度に両手を開いて、二度拍手をします。

4.指先を揃え直し、もう一度深く礼(拝)をします。

ご祈願を受ける場合には、社務所(授与所)等で申込をしましょう。神社によって受付はさまざまですが、白崎八幡宮では社務所受付にて指定の申込用紙に必要事項をご記入いただいております。その際、初穂料(祈願料)を添えてお申込いただきます。奉献酒やその他のお供え物がある場合にも、受付にてお預かりいたします。

ご祈願を受けられる際には、玉串拝礼をします。

【玉串拝礼の作法】

1.右手で榊の根元の方を上から、左手で先の方を下から支え、胸の高さに、左高に、少し肘(ひじ)を張って持ちます。

2.玉串の先を時計回りに回し、根元がご神前の方を向くまで回します。

3.右手を離して、玉串中央部分を下から支え、左手を右手下に添えます。

4.やや進み、ご神前の前の案の上に玉串を置きます。

5.やや下がり、二礼二拍手一礼の作法でお参りします。

ご祈願が終わったら直会(なおらい)を受けましょう。

「直会とは」祭典中の精神の緊張を解いて、普段の生活にかえることです。

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜