末社

白崎八幡宮の境内末社のご案内。

ご祭神

底筒男命(そこつつおのみこと)
中筒男命(なかつつおのみこと)
上筒男命(うわつつおのみこと)

ご神徳

海上安全・文芸上達の神さま

住吉神社すみよしじんじゃ

安永八年(江戸時代:西暦1779年)、白崎山に勧請との記録あり。 摂津国一の宮:住吉大社(旧官幣大社)から和魂(にぎみたま)を勧請したと云われる。江戸期:安永年間といえば、エレキテルの発明で有名な平賀源内が世に活躍した時代である。江戸時代の周防岩國を代表する港といえば「今津」であり、その今津港の守護神として、上方(大坂)とは船舶往来・商業取引が盛んであった関係上勧請されたものと思われる。本来、住吉神社は神功皇后の創祀といわれ、三柱の大神(表筒男命うわつつのおのみこと・中筒男命なかつつのおのみこと・底筒男命そこつつのおのみこと)が御祭神の御名である。三神いずれも、イザナギノミコトが筑紫日向(つくしひむか)の橘(たちばな)の小戸の阿波岐原(あわぎはら)で禊祓(みそぎはら)いされた時に出現された神格の高い神様で、一説には、筒(ツツ)は星を指し、星は航海の針路を決定することから、まさしく海上守護・航海守護のお役目を担って出現された神様と云われる。神功皇后が新羅を征討するために出兵の際、七日七夜戦勝を祈られた際にご出現になられ、「和魂(にぎみたま)は王身(みみ)に服(したが)いて寿命(みいのち)を守らん。荒魂(あらみたま)は先鋒(さき)として、師船(みいくさのふね)を導かん」と託宣され、皇后はそのお教えのまにまに進発された。その戦いで勝利され凱旋なされた神功皇后は、神恩報謝のため、神託によって住吉三神の荒魂と和魂をそれぞれ分けてお祀りされた。〔現・大阪市住吉区/住吉大社には和魂を、現・下関市/住吉神社には荒魂を。〕江戸時代往時も今も、海上交通・航海・港湾の守護神として、また今日では海上自衛隊・海上保安庁などを守護する武神として尊崇を集める。また、和歌・連歌・俳句関係の奉納作品を通して、古くから有識文化人の尊崇を集めてきたため、文道風月の神としての御神徳も霊験いちじるしく、歌の神様:作詞・作曲・歌手の神様として尊崇も広く集めるようになっている。

ご祭神

素盞鳴命(すさのおのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
大己貴命(おおなむちのみこと)

ご神徳

病気平癒・無病息災の神さま

粟嶌神社あわしまじんじゃ

安永五年(江戸時代:西暦1776年)に白崎山に勧請との記録あり。和歌山市加太にある淡嶋神社(加太淡嶋神社)が本宮。淡嶋神社系統の神社は全国に約1000社余りあるが、江戸時代に淡島願人と呼ばれる人々が淡島明神の人形を祀った厨子を背負い、婦人病平癒に霊験が高いとして、淡島明神の御神徳を説いて廻ったため、淡島信仰が全国に広がり、勧請された。当白崎八幡宮/粟嶌神社もその一社と云われる。加太淡嶋神社の言い伝えでは、神功皇后は新羅を征討後、大和國へ帰途する途中、瀬戸海上で突然の激しい嵐に遭遇したため、沈みそうになる船中で一心に神に祈りを捧げたところ、「船の苫(とま)を海に投げ、その流れのままに船を進めるように」とのお告げがあり、加太の沖合にある友ヶ島に無事入港できた。その友ヶ島のうちの神島(淡島)に、少彦名命(すくなひこなのみこと)と大己貴命(おおなむちのみこと)二神を祀った祠があったため、この神恩に報いるため、持ち帰った三韓渡来の宝物を二神に奉納された。後年、神功皇后の孫にあたられる仁徳天皇が友ヶ島に狩りに赴かれた際、その事実を聞き及び、たいそう感銘され、参拝者の一層の交通利便を図るため、お社を対岸の本土陸地・加太に遷座なされ、荘厳な社殿を建立されたと云います。当白崎八幡宮/粟嶌神社は少彦名命、大己貴命の二神に〔素戔嗚命すさのおのみこと〕を加えた三神がお祀りされていますが、少彦名命、大己貴命が医薬の神様として霊験が高いことに加えて、素戔嗚命も疫病除け・疫病退散の霊験が顕著であることから合祀神としてお祀りされたと思われます。江戸時代の淡島願人の行脚流布の御蔭で、特に婦人病を始めとして安産・子授けなど女性に関するあらゆることを祈願する神社として庶民に定着し、今日まで医薬守護神、健康守護神、病気平癒守護神として広く篤く尊崇を集めてきました。

ご祭神

猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)

ご神徳

方災除け・みちびき全般の神さま

猿田彦神社さるたひこじんじゃ

安永五年(江戸時代:西暦1776年)に白崎山に勧請との記録あり。天孫ニニギノミコトが豊葦原中國(とよあしはらのなかつくに)に降臨したとき、天之八衢(あめのやちまた)にいて高天原と下の葦原中國を照らしている神(鼻の長さ七咫ななあた、背の高さ七尺余、また口尻明く輝れり。眼は八咫鏡の如くにして、てり輝くこと酸醤(ほおずき)に似たり)がいた。天照大御神は、気丈夫の天宇受売命(あめのうずめのみこと)に命じて「吾が御子(ニニギノミコト)の天降りする道をさえぎるのは誰か」と問わせた。すると「吾は國津神。猿田彦と申すが、天津神の御子が天降りされると聞いたので、御先導申し上げようとここまで出迎えに来たのだ」と答えた。そこで、ニニギノミコトは猿田彦大神に案内を命じた。かくして、天孫降臨の天津神一行は、猿田彦大神の先頭先導のもと、霧島山の高千穂の峰に無事到達し降り立ったのである。猿田彦大神の御神徳は、天孫降臨道開きの大功績から、みちびき全般に強い御神威があるとされる。すなわち方位除け、交通安全、開運厄除け、除災招福、試験合格、病難平癒 等々枚挙にはいとまがない。なお、御神幸祭の先導に立つ高鼻の赤面をつけ、きらびやかな装束姿の猿田彦大神は、現在でも人々がよく知るところである。岩国との関連で言えば、天孫降臨を成功させた後、猿田彦大神は本拠地の伊勢に天宇受売命とともに向かうことになり、途中、岩国山を経由したとも岩国山で休憩したとも言い伝えます。伊勢にて猿田彦大神と天宇受売命は夫婦となり、仲睦まじく楽しく暮らして子孫を繁栄させたと云われます。

ご祭神

宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)

ご神徳

工業守護・商業守護の神さま

稲荷神社いなりじんじゃ

稲荷大神の本来の神名は「宇迦之御魂大神(うかのみたまのおおかみ)」「倉稲魂命(うかのみたまのみこと」で、素戔嗚尊(すさのおのみこと)を父神・神大市比売命(かみおおいちひめのみこと)(大山津見神の娘)を母神に持つ、神格の高い出雲系の国津神です。〔宇迦〕は〔食(うけ)〕と同じで食物の意味。元来、農耕神であり穀物の神様、とくに稲の精霊とされることから稲生り(いねなり)が転化して稲荷大神と称されるようになりました。広く産業の守護神と云われ、顕著な御神徳は商売繁盛、諸業繁栄、五穀豊穣、家門繁栄 等です。京都「伏見稲荷大社」を総本宮とし、社記に711年(和銅4)2月初午の日に稲荷山に降臨し御鎮座になったと伝えます。それで毎年2月初午の日に初午大祭をとりおこなっています。942年(天慶てんぎょう五年)に 正一位の極位を得られました。今に「正一位稲荷大明神」と呼称するのは当事の尊称をそのまま引き継いでいるのです。稲荷神社の社殿や鳥居が「朱(あけ)」の色なのは、「明け」に通じ、大地の生命力、物事の始まりの象徴とされるからです。なお、古く日本で稲作開始以降、各地域には伝統的に「田の神」信仰が起こり、しかも昔は「狐(きつね)」がよく田んぼに出没しており、狐の一家は【春】に山から里に降りてきて、【秋】に山に帰っていくという人間との共存共栄の習性を持っていました。これがまさに農耕の周期と一致するために、「田の神」と「狐(きつね)」が結びついて、稲荷大神の「神使(しんし)」・「使わしめ」は狐である。と、ごく自然に考えられるようになりました。それで、稲荷神社では狛犬ではなく、親しみの思いを込めて、なじみのある狐の石像(銅像)を据え付けるようになったわけです。

ご祭神

白蛇大神(しろへびおおかみ)

ご神徳

金銀融通・財運隆昌の神さま

白蛇神社しろへびじんじゃ

御祭神の宇賀弁財天(うがべんざいてん)さまは宇賀神と弁財天とが習合した神様で、「唐衣装(とういしょう)をまとって岩上に座される八臂(はっぴ)(腕が8つある)の女神様」が像としては有名です。その頭上には、まさに〔白蛇〕をお乗せになっておられまして、そこで弁財天の【財】と〔白蛇〕が習合し、白蛇は弁財天の「神使(しんし)・使わしめ」であると同時に、家財・財宝を守護する金運隆昌のお役目、お働きを担った「白巳大神(はくみのおおかみ)」とあがめられるようになったわけです。また、〔宇賀〕とは〔食(うけ)〕と同じで食物の意味であり、倉庫に備蓄された米や穀物といった食材=食財を守るため、ねずみ退治を主務とする白蛇がそのまま宇賀弁財天さまの化身として神格化されました。特に岩国では、江戸時代になってから、自然界で青大将のアルビノ個体同士の交尾生殖が偶然にも重なり続けたため、まさに眼がルビー色で美しい、性格のおだやかな白蛇の群生生殖地となり、今津地区川下地区一帯には相当数棲息していました。現在では国の天然記念物として保護されています。なお、弁財天さまといえば本来インドの美しい水神様で、日本では福神となり七福神うちの紅一点・女神様となられ、容姿も性格もたおやかで優しい福徳の神様、しかも金運/財運守護の御霊験の高い女神様として尊崇を広く集めておられます。

ご祭神

武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)

ご神徳

災禍撃退・邪気退散の神さま

剣神社つるぎじんじゃ

御祭神:武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は、イザナギノミコトが、妻のイザナミノミコトの逝去原因となった火之迦具土神の御頸を十拳剣(とつかのつるぎ)で斬り給うた時、御剣の先からしたたり落ちた血から御出現された天津神(あまつかみ)です。天津神うち髄一かつ筆頭の武神・剣の神様であり、〔建御雷之男神(たけみかづちのおのかみ)〕という御尊名を持つことから、稲妻・雷光をも自在に操る霊力を兼ね備えておられます。神話に云う国譲り交渉(大国主命の統治していた葦原中津國の出雲政権を、天照大御神の直系子孫が統治されるよう、いわゆる政権交替を迫った交渉)を成功させた武勲の誉れは高く、しかも、初代天皇:神武天皇が日向から大和へ御東征途中に、霊剣フツノミタマを自らの代理として下し、一大窮地をお救いになられています。御神徳は勝運隆昌、武道上達、選挙当選、邪気退散、怨敵退散、電気・高圧電力作業安全守護、血液系統病気平癒完治 等多岐にわたります。茨城:鹿島神宮、奈良:春日大社の主祭神であり、古くからの言い伝えには、国土の地下土中に棲む大地震発生源の大鯰(おおなまず)怪物の頭を神剣で刺し抑えて退治されている〔=地殻プレートがゆがみ動かないように、活断層がずれないように日夜、神霊力を効かせている〕から、地震列島日本にあって、まさに今現在もっともその御神威、お働きが期待される大神様です。

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜