初宮詣

初宮詣

「初宮詣」とは、
赤ちゃんがご両親と一緒に初めて神社にお参りし、
神さまのご加護のもと無事に誕生したことを感謝報告し、
これからも健やかに成長するよう、そして今後ともご加護をいただけますようお願いする人生儀礼のひとつです。

地方により違いがありますが、
男子は生後32日目、女子は生後33日目にお参りします。

お参りの際は赤ちゃんに祝い着(産着)を着せ、お父さんサイドのおばあちゃんが抱く、
そして祝い着はお母さんサイドのおじいちゃんおばあちゃんが購入するという風習が一般的でしたが、
最近では古い習慣にとらわれず、
抱ける人が抱き、
購入できる人が購入するといった方向に変わりつつあります。

また、上記の男子32日目、
女子33日目というのもひとつの基準でしかなく、
抵抗力の少ない赤ちゃんのことを考えて、
日数にこだわらずお参りしてください。


祈願

白崎八幡宮の祈願とは?

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜