七五三

七五三

「七五三」のことを古くは「髪置き」「袴着」「帯解き」といっていました。

「髪置き」とは三歳の男女が、もう赤ちゃんではないという意味から、
それまで剃っていた髪を伸ばし始める儀式です。

「袴着」は五歳の男児が初めて袴を着ける儀式です。

「帯解き」は七歳の女児が着物の付紐を取り去り帯に替える儀式のことです。

現在では、
数えで三歳の男女・五歳の男子・七歳の女子に晴れ着を着せて、十一月十五日に神社へ参り、
お子様の無事成長とさらなる健康を祈願する人生儀礼となりました。

前述の通り、
本来は数え年で参拝しますが、最近では満年齢で参る方も増えてきました。

また、参拝日も当たり日の十一月十五日にこだわらず、前後の都合の良い日に参られる方が多く見受けられます。

祈願

白崎八幡宮の祈願とは?

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜