厄除祈願

厄除祈願

日本には古来から人生の節目を「厄年」として忌み慎む慣わしがあります。

人間の一生のうち、
何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢をいい、
医学の発達した現在においても、万事に慎まなければならない年齢として、
人々に意識されています。

厄年というのは、
現代の生活にも当てはまる人生の転換期であり、
肉体的にも精神的にも調子を崩しやすい年齢といえるのです。

男性は数えで25歳・41歳・42歳・43歳・61歳、
女性は数えで19歳32歳・33歳・34歳・37歳・61歳が厄年に当たります。

以前は旧暦の正月に祈願を受けるのが良いとされておりましたが、
最近では年が変わる1月1日から旧正月(2月3日)までにお受けになられる方が多く見受けられます。 

また、それ以降でも受け付けておりますので、
その年の厄災を払い落とし、
厄年の一年を無事に過ごせますようご祈願をお受けください。

お申込みいただいた後、
大安の佳き日に白崎八幡宮のご祭神であらせられる應神天皇・神功皇后・仲哀天皇のご神徳をお頒ちし、
皆様の厄除祈願をご奉仕いたします。

※特に男性42歳は「男が死に(42)至る」、
女性33歳は「女がさんざん(33)な目に逢う」という語呂のこじつけもあって、本厄・大厄とされ、
神社で祈願を受けるのが江戸時代以降定着しています。

授与品

授与品

厄除祈願祭 初穂料 5,000円(上記授与品・送料込) ※写真の内容・組み合せと異なる場合がございます。

祈願を申し込む

祈願

白崎八幡宮の祈願とは?

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜