ご案内

白崎八幡宮の由緒のご案内。

岩国に760年以上の歴史で崇拝されてきた

白崎八幡宮は鎌倉中期建長2年(1250年)、時の領主、清縄左衛門尉良兼が遠石八幡宮の御神霊が白鷺と化して室木に垂跡することを知り、氏族の繁栄と領内安民守護の神として今津琵琶首に創建奉斎したのが始まりです。 南北朝時代の貞和4年(1348年)には弘中堂内源兼胤を願主として現在地の白崎山に壮麗な社殿を造営、社領を寄進・奉遷し、旧岩国十七ヶ庄(錦見・川西・今津・室の木・牛野谷・中津・車・向今津・門前・平田・海土路・藤生・黒磯・青木・保津・六呂師・叶木)の産土神と仰ぎ、領民と共に深く尊崇しました。 その後戦国時代の明応5年(1496年)には兵火に罹り本殿が炎焼してしまいしたが、明応7年(1498年)宝殿を修築。 文亀3年(1503年)に舞殿・籠所などを再建。 以降、弘中三河守隆兼に至るまで、代々弘中氏が大宮司を奉仕。 弘治元年(1555年)三河守失脚により、孫の今地良房が宮司を継承し、今地家が代々奉仕しています。 江戸時代には、岩国初代藩主吉川廣家が慶長5年(1600年)岩国に入封した後、慶長16年(1611年)に社殿を再建すると共に社領を献じ、武運長久と国郡豊饒を祈願しました。 歴代の藩主も白崎八幡宮を尊崇し、現在に至っています。 創建以来750年の式年を平成12年(2000年)に迎え、後世に残る平成の大造営事業として境内地を拡幅、社殿を北側後方へ移築し、神楽殿・社務所を改築、大駐車場を完備しました。

祈願のご案内

何でもQ&A

行事のご案内

参集殿永代納骨堂

メルマガ会員登録

携帯サイトでお守りパワーストーン通販

公式ブログ

公式動画紹介

ツイッター

お電話でのお問合せ

電話番号

FAXでのお問合せ

FAX

メールでのお問合せ

メールはコチラをCLICK!

白崎八幡宮の周辺地図

アクセスマップ

瀬戸内バイキング・エグレッタ-powered by 宇恵喜